フーカキサバニ WEB SITE



HOME NEWS プログラムメニュー  ショップ  フォトギャラリー フーカキサバニ概要 リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帆かけサバニの歴史

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「帆かけサバニ」は、海人(ウミンチュー)と呼ばれた漁師が、
主に漁をするために進化してきた木造帆舟。 

沖縄の海人は、各地で優れた漁法の仕方も広げて行きました。

帆かけサバニと同時に、漁法もまた日本をはじめ各地に、今なお伝わっています。

ハードな海を越える道具として、
最も庶民の間で普及したであろう「帆かけサバニ」の存在が、大きな役割を果たしました。
  
しかし、戦後、機械(エンジン)の導入によって、急速にその数が減少して行きました。
それによって、いま、造船技術・操船技術までもが失われようとしています。

こうした状況を憂いだ沖縄の有志によって、帆で走るサバニを復活させようと、
2000年沖縄サミットの年、座間味島~那覇まで(約35km)のレースがはじまりました。 

この「サバニ帆漕レース」をきっかけに、帆かけサバニが俄かに世に知られる事になりました。





                              




帆かけサバニについて ・帆かけサバニとは 歴史 語源 ・性能 ・アウトリガーについて


                                           



2010 ©フーカキサバニ All Rights Reserved