フーカキサバニ WEB SITE


HOME NEWS プログラムメニュー  ショップ  フォトギャラリー フーカキサバニ概要 リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帆かけサバニとは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「帆かけサバニ」は、沖縄の伝統的な木造舟です。

沖縄は、その昔「琉球」と言われた一つの国でした。
周辺を豊かな海に囲まれ、優れた海の文化が花開きました。


帆を上げ、時には漕いで、遠くは海外にまで航海していたことが知られています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帆かけサバニの歴史

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「帆かけサバニ」は、海人(ウミンチュー)と呼ばれた漁師が、
主に漁をするために進化してきた木造帆舟。 

沖縄の海人は、各地で優れた漁法の仕方も広げて行きました。

帆かけサバニと同時に、漁法もまた日本をはじめ各地に、今なお伝わっています。

ハードな海を越える道具として、
最も庶民の間で普及したであろう「帆かけサバニ」の存在が、大きな役割を果たしました。
  
しかし、戦後、機械(エンジン)の導入によって、急速にその数が減少して行きました。
それによって、いま、造船技術・操船技術までもが失われようとしています。

こうした状況を憂いだ沖縄の有志によって、帆で走るサバニを復活させようと、
2000年沖縄サミットの年、座間味島~那覇まで(約35km)のレースがはじまりました。 

この「サバニ帆漕レース」をきっかけに、帆かけサバニが俄かに世に知られる事になりました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帆かけサバニの語源

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沖縄では、古くから鮫(サメ)は「サバ」という呼び名でした。

サバを捕るフネ=「サバブニ」が「サバニ」に変化したという説や、

丸木舟からスタートしたフネ=素(スー)ブニが、サバニに変化した説と諸説あります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帆かけサバニの優れた性能

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本における、あるヨット設計の第一人者は、長年かけてたどりついた「よく走る船型」 の法則的なラインが、
数百年前に存在したと言われる、サバニに既に備わっていた事に驚き、
そこで、自分の名前を付けずに「サバニ船型」と名付けたそうです。

サバニの起源は、いつの時代から始まったのか、未だによく分かっていません。

6000年前の縄文土器や、その遥か以前の地層から黒曜石が出土されていることから、
(黒曜石は沖縄では取れません) 
私達が考える遥か以前から、本州または 南方から、
自由に、そして意思を持って、往来していたと想像されます。

サバニが、その役目を果たしていた。という確たる証拠はありませんが、

少なくとも、沖縄がまだ琉球と言われていた遥か以前から、海上の道が開かれていました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アウトリガーについて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帆かけサバニに初めて乗ると、グラグラとして安定せず、初心者はとても乗れるものではありません。

「フーカキサバニ」が体験に使用するサバニには、安全のため、
サイドにアウトリガーと言われる浮力帯を付けています。

より安定する以外、基本的な構造・機能は可能な限り当時のまま再現しています。

琉球に伝わる海人のスピリッツを感じて頂けることでしょう。




HOME

2010 ©フーカキサバニ All Rights Reserved